大和第一北小学校
七軒七社 菖蒲園 万場の梨
  第一北小学校がある万場地区には、昔から七軒七社と呼ばれる神社があります。この神社には、代々守り続けておられるお家があります。そのお家では、1年に一度縁日を決めてみえます。そして、その日は、お社にお飾りをつけ、扉を開けられるので、ご神体も拝めます。また、ご家族、親戚そろってお参りをしたり、お供え物をしたりします。
① 熊野神社

「食物の神」

 1905年に創建されました。こま犬は2体ありましたが、壊れて、今は、1体しかありません。
②大井八幡神社

「武道の神」
「農業・農作の神」
「開運の神」
「家内安全の神」

 1400年代に創建されたといわれています。200年間、貴船神社に一緒に祭られていましたが、平成15年に新しく建てられました。
③八幡神社

「武道の神」
「豊作の神」
「養蚕の神」

 越前敦賀の国の気比神社からご神体が祭られたといわれています。昔は、長良川のそばに祭られていましたが、ご神木のある今の場所に移されました。
 
②大井八幡神社

「農耕の神」
「水神」「竜神」

 修行者がやって来て、田んぼに埋まっている神様の話をされ、救い出されました。そして、今の場所に祭られました。
②大井八幡神社

「金属の守り神」

 1776年に美濃の国不破郡宮代村南宮社(不破郡垂井町の南宮神社)から祭られました。
②大井八幡神社

「衣類、食べ物、住居の守護神」

 1400年代に桑田家発祥の地である丹波からご神体が祭られたと伝承されています。現在は、田んぼの中に社の土台だけが残っています。
②大井八幡神社

「民衆の病苦を救う神」

 1700年前後の頃、美濃の国長滝寺(長滝白山神社)からご神体が祭られました。 以前は、東海北陸道が通っているところにありましたが、工事に伴って現在の場所に祭られました。
 万場地区には、他にも3つの神社があり、昔からこの地を大事に守り続けてきた人々の願いが伝わってくる気がします。
①秋葉神社

「鎮火・火防の神」

 万場地区に火災が続発したため、昭和6年5月に創建されました。
 秋葉神社の縁日である8月17日には、大和第一北小学校を会場に、毎年、万場夏祭りが行われています。
②貴船神社

「雨乞いの神」

数年間に何度も洪水が起き、白鳥町野添の貴船神社のご神体が3度流され、3度とも同じ場所に流れ着いたことから、この地で祭った方がよいということになり、1784年に創建されました。
③稲荷神社

「商売繁盛、家内安全、交通安全、子孫繁栄の神」

 1861年に創建された。南宮神社に隣接して社があります。
 
郡上市立 大和第一北小学校 岐阜県郡上市大和町万場1950
Copyright (C) Yamato-Daiichi-Kita Elementary School, All Rights Reserved. 2008-2009